ホーム 福岡とウェールズ~日本 Stratus 技術担当社長ブログ vol.28

福岡とウェールズ~日本 Stratus 技術担当社長ブログ vol.28

バイバイ
福岡とウェールズ

福岡訪問

9月は九州への出張から始まりました。福岡県のソリューションパートナーとStratus で構築した家電製品の販促活動です。Stratus'ztC Edgeとパートナー企業の製造指南アプリケーション製品が、お客様の課題解決にどのように貢献できるかを、インタビュー形式で撮影しました。撮影後、昼食をとりながら情報交換を行いました。その中で、製造業全体の投資動向は堅調であるとの認識で一致した。半導体をはじめとする素材のサプライチェーンに課題は残るが、改善傾向にあることは間違いなさそうだ。余談ですが、地元のレストランから届けられたランチボックスのお弁当が素晴らしく美味しく、さすが北九州と感心させられました。

エリザベス女王の訃報に接して

今週、イギリスのエリザベス女王が亡くなられたというニュースが飛び込んできました。彼女の70年にわたる在位期間は、まさに驚異的な期間です。ウィンザー王朝の第4代女王であり、英連邦王国の君主であり、英国国教会のトップである。英連邦には、君主国(イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド)のほか、共和国を含む50カ国以上が加盟しており、その元首として、連帯の象徴でもあったのです。彼女の治世は、地政学的な争いや君主制にまつわる問題を多く想起させる。私が成人してから40年、フォークランド紛争、ダイアナ妃の死と名誉回復、オーストラリアの共和制移行を問う国民投票、アイルランドとの和解、スコットランドの独立を問う国民投票、EU(欧州連合)からの離脱などなど。と、さまざまな出来事がありました。政治的には、当時の首相や議会が主導的な役割を果たすが、王室のメンバーが多くの役割を果たしたことは間違いない。9月9日、新国王チャールズ3世が即位し、長男のウィリアムがプリンス・オブ・ウェールズとなった。

イギリスへの親近感

個人的には、アメリカよりもイギリスに親近感を覚えます。その背景には、ラグビーフットボールや競馬といった趣味がイギリス発祥で、現在も盛んに行われていることがあります。若い頃、仕事で何度か訪れましたが、2012年のロンドンオリンピックや2015年のラグビーワールドカップの時の訪問は記憶に新しいところです。スポーツ観戦をしながらロンドンに滞在するだけでも楽しいことが多い。ハイドパークを散策したり、大英博物館を訪れたり、リージェント通りでミュージカルを観たり......。市内には映画『007』のロケ地となった場所がたくさんあり、実際に観光客向けのツアーもあります。ハリー・ポッターファンも、9.3/4番線を始め、楽しめる場所が多いようです。先ほど、ウィリアムがプリンス・オブ・ウェールズ(ウェールズの君主/イングランドの皇太子)になったと書きましたが、イングランドの次期国王がプリンス・オブ・ウェールズになる習慣は14世紀からあるようです。

福岡とウェールズ

実は、福岡県とウェールズには共通点がある。かつてウェールズは石炭に代表される豊富な地下資源を産出し、イギリスの産業革命を支えた。福岡県では、三池炭鉱と八幡製鉄所の関連資産が「日本's Meiji Industrial Revolution'の構成資産」として世界遺産に登録されている。どちらも、それぞれの国の産業革命を支えた地域である。そして、どちらもラグビーフォボールが盛んな地域でもある。ウェールズ代表は「レッドドラゴンズ」の愛称で親しまれ、日本 で開催された2019年ワールドカップではベスト4入りしています。福岡県のラグビースクールや高校ラグビーはトップクラスで、日本 、過去に多くの日本語 代表選手を輩出しています。

福岡県では、「福岡県ベンチャー企業支援協議会」が中心となって、ベンチャー企業の育成に取り組んでいます。九州大学や九州工業大学などの国立大学からも委員が参加しており、産学連携で新しい時代を担うベンチャー企業の育成・支援を進めているようです。また、海外展開の支援も行っています。明治の産業革命を支えた福岡から、礼賛の時代に世界に羽ばたく新しいベンチャー企業が育つというのは、とてもロマンがあると思うのです。帰り道、Stratus' 技術が福岡の現在のパートナーにどんどん採用され、ベンチャー企業の成長と世界展開に貢献できればと思います。