ホーム可用性特性評価により、ユーザーが自信を持ってエッジ コンピューティング プラットフォームのサイズを決定できるようになりました。